情シスは何度でも甦るさ。

OracleDB/Ruby好きの情シス部員がお送りします

SOAは不況に弱い

うちの会社で走っていたSOAのパイロットプロジェクト2つのうち、2つ共が、事実上の凍結となりました。


他の案件にリソースが奪われたのが、主な原因なんですが、分析してみると、

昨今の不況の影響で人件費の削減による残業カットにより、本当にやらないといけないプロジェクトにのみリソースを注力せざる得ないということが見えてきます。

SOAは、前から言われているように、効果がとても見えにくく、しかも、SOAの最初の取っ掛かりには、物凄い時間と労力が必要です。

今の景気の動向から、企業は中長期よりも、短期的にどうやり過ごすか(今期の売上をどう上げるかとか)ということに頭を使うんですね。


なので、SOAの(しかもパイロット)プロジェクトなんかは、真っ先に凍結ですよね。

明確に凍結という判断が出たわけではないですが、プライオリティが、物凄い下がっていきました。


というわけで、SOAと不況って、物凄い相性悪い。


サーバの仮想化なんかは、効果が分かり易いから、今期だけで数億円突っんだのですが、それとは対照的・・・。


果たして、SOAが実際に導入される日は、くるのだろうか。。。