情シスは何度でも甦るさ。

OracleDB/Ruby好きの情シス部員がお送りします

ruby製CMS比較

CMSを使って静的サイトを作ろうと思ったが、どーせならphpじゃなくてruby製がいいなぁと思って一通り調べてみた。なんとなくイケてる順に並んでます(日本語優先)
また、ruby1.8以下、Rails2以下のものは除いてます。

名前 日本語 メモ
Joruri 日本製。行政向けに作られたものが元なので、デザインがうるさい
Lokka *1 日本製。クラウド基盤で稼働するよう設計
radiant × アドオンを作れたりエコシステムが揃ってる
refinery × Rails4.1対応済み
wheelhouse × デモサイトなどあってわかりやすい。お洒落
Webiva × アメリカンポップなデザイン
Nesta × Markdownで書ける。DB不要
Casein × Ruby2.0×Rails4対応済み。BootstrapベースのシンプルCMS
BrowserCMS × ドキュメントは英語だが豊富かも。Rails3.x
locomotivecms × ドキュメント読むのに登録が必要?MongoDB使用
ComfortableMexicanSofa × シンプル

他にも色々出て来たが、Railsの進化についていけないのか、対応versionが追いついてないのが多かった。
言語やF/Wの進化が早いとサポート見極めるのが大変だなぁ。


結論:concrete5で作ろうかな。。

*1:ドキュメントは8割英語ですが、わかりやすい単語で書かれてます