情シスは何度でも甦るさ。

OracleDB/Ruby好きの情シス部員がお送りします

SOAの背景[SOA]

【異なる環境のシステム連携の要望】
 ・システムのI/Fごとに設計
   =>各システム間が蜜結合。システム改修時に影響大

#会社では、複数のシステムがあるのは当たり前だよな


【システム連携のための技術】
 ・EAI
 ・分散オブジェクト指向(CORBA、DCOM、JavaRMI)
   =>各種ベンダー固有の技術。割高

#元々の環境や構成が異なるから、それはそれで面倒だしねー。


WEBサービスの登場(2000年)】
 ・外部でサービスを公開(WEB APIとか)
 ・標準規格の策定(SOAP,WSDL,UDDI)

#インターネットの爆発的な広がりが業界標準を作ったのね


SOAの概念(2004年)】
 ・SOAで作られたシステムはサービス部分とプロセス部分に分割
   (今までは、各システムの中にサービスとプロセスが同居)
 ・サービス同士は疎結合(互いに影響しない)
 ・サービスの再利用性
 ・業界標準技術使用
 ・安い(今までに比べて)
   =>運用、改修なんかが楽。各システムの機能がサービス化されて、一つのシステムに!!

SOAの目的は、結局システム連携ってことですかね