情シスは何度でも甦るさ。

OracleDB/Ruby好きの情シス部員がお送りします

本の配送サービス比較 メルカリカウル用

メルカリカウルの配送方法ありすぎ

絶好調のメルカリの新サービス『メルカリカウル』を利用してみようと思い、読まなくなった書籍を売ってみようかとしてみたのだが、配送方法の選択肢の違いが全くわからず、出品できなかった。

で、まとめ記事は色々があるが、どこも説明が細かいんだけど、オレは一覧でざっと比較したいんだよ。ってタイプなので一覧にしてみた。

なお、本1冊を送るのを想定しているので、以下の配送方法は調べてねえ。

普通郵便、クロネコヤマト、らくらくメルカリ便(大型)

また、はこBOONはサービス停止のお知らせが出たので調べてません。

配送の比較表

どーん f:id:ryoben:20170515010149p:plain

Googleスプレッドシートにも作ったので、見づらい方はそちらをどうぞ

メルカリカウル配送方法比較 - Google スプレッドシート

なお、郵便受けに送るサービスでも、郵便受けに入らなかった場合は、対面で渡してくれるそうです。そんなもんなんですね。

また、スマートレターについては、メルカリで配送方法選べないけど、おすすめしてる記事があったので、載せてみた。 メルカリで選ぶ時は、ゆうメールとほぼ一緒だから、ゆうメールか、普通郵便選べばいいのではないだろうか。

厚さと重さってどんなもんなの

でもって調べてみて思ったのは、大きさは、スマートレター以外はA4サイズOKなので、本に関してはほとんど気にしなくていい。 ただし、問題は、厚さと重さ。 これが、わからん。

なので、身近にあった書籍のページ数と厚さと重さをだっと測って、それぞれが配送するのに1番安いサービスと2番目に安いサービスを調べてみたよ。

f:id:ryoben:20170515020455p:plain

値段的には、クリックポスト圧勝なのだが、送り状ラベルを自分で印刷する必要がある。つまり、プリンターが必要。これがつらい。 我が家にも、プリンターがないが、同じような人は多いんではないだろうか。

そうなると2番目の選択肢を考える必要になり、条件によっては、スマートレター、らくらくメルカリ便(ネコポス)、ゆうぱけっとorゆうメールということになる。

なお、厚さに関しては、上記の大型本の平均を取ってみると、159ページで1cm という結果になった。ご参考までに。

まとめ

  • 本の厚さが3cmを超える → らくらくメルカリ便(小型)¥380
  • 本の厚さが3cm以内
    • プリンタ持ってる → クリックポスト¥164
    • プリンタ持ってない
      • 厚さ2cm 以内 かつ A5サイズ(25✕17) → スマートレター ¥180
      • 厚さ2.5cm 以内 → らくらくメルカリ便(ネコポス)¥195
      • 厚さ3cm 以内 → ゆうぱけっとorゆうメール ¥350

200円とか多少損してもいいから、トータルの作業も含めて一番ラクなのは、ゆうメールだろうか。 350円分の切手貼って、封筒に「ゆうメール」って書いて、ポストに投函するだけなんで。

ここまで調べるのに4時間かかったよ・・・。