情シスは何度でも甦るさ。

OracleDB/Ruby好きの情シス部員がお送りします

ニフクラ(旧ニフティクラウド)を使ってみた

ある案件で、ニフクラ(旧ニフティクラウド)を導入した話。

ニフクラとは

なお、親会社富士通本体のクラウドサービスは、結構散々で、自社サービスK5は、サービス撤退(リブランディングのようだが中身は別物)。当てにしていたOracleには裏切られるという感じ。

なぜ導入したの?

クラウドに移行するぜという選択肢に、まず入ってこなさそうなニフクラですが、以下のたった一つの理由で導入が決定

既存のデータセンターから、 ちょろっとした申請だけで、 L2レベルでの拡張(延伸)が できる

今は外部のデータセンター(富士通系列)使ってるんですが、クラウド移行前に、小粒のサービスを2つほどリプレースする必要があり、今更サーバーとか買いたくねえ。という悩みを持っていたけど、これで導入が即決。

いや、これは実際便利だった。ネットワークとかほとんど触らなかったし。

メガクラウドとの違い

比較するのは可哀想だが、一言でいうと、「各サービスの制約が強いのに価格が割高」。

そりゃ、規模が違うから価格で敵わんわなぁ。という感じ。
じゃ、なんで選ばれるんだろ?
うーん。メガクラウドほどの機能はいらんけど、今どきレンタルサーバーもなぁ。という層にリーチしているのだろうか。

使うところでとにかく一番致命的だなと思ったのは、
「バックアップ系のサービスを使う際に増設ディスクが100GBまでしかサポートしてない」 という点。

補足すると、Windowsだとシステム領域として、Cドライブに80GBが漏れなくついてくる(Linux系 OS:30GB)んだが、これは拡張不可。 で、DBなんか立てようとすると、Eドライブとか新たに切ると思うのですが、これがここでいう増設ディスク。

「カスタマイズイメージ/イメージ配布」 というサーバーのイメージ(要はAMI)を保存するサービスがあるが、これも増設ディスク100GBまで
「サーバーコピー」というサーバーをコピーして、新たなサーバーを複製する機能があるが、これも増設ディスク100GBまで
「バックアップ」という定期バックアップの仕組みがあり、これはさすがに100GB以上使える。ということで、調べてみたら「1.1TB」まで。

ストレージ周りが弱いってのは、営業の人も言ってました。

EBS、S3という盤石のストレージサービスと比較されるのも、辛いだろうけども、和製クラウドとして、頑張っていただきたいです。